トラクター処分の方法

農業をやめたことでトラクターが不要になったり、トラクターを買い替えることになって不要になる、こういったことはよくあります。特にトラクターは、耕す面積によって必要な馬力も変わってきますので、耕地面積が大幅に減ったり増えたりした際に、依然として面積や圃場の状態に合わないトラクターを使っていると不便で仕方がありません。トラクターを使わなくなったり、買い替えるために古いトラクターがいらなくなったりした際に、そのトラクターの処分方法が問題になります。

トラクターにはいくつかの処分方法があります。まずは、販売店に持っていって引き取ってもらう方法です。とてもシンプルでわかりやすい方法ではあるのですが、トラクターは農機具の中でも耐用年数の長いものです。取扱店がどこかわからなかったりすでにその機種を取り扱ったりしていないことも十分に考えられます。

次に解体屋などで解体してもらい、処分してもらう方法もあります。もちろん部品やパーツを取り出して売ることもできますが、一般的に処分量がかかることも多いです。

もう一つ、あまり知られていませんが農機具買取専門業者に買い取ってもらうという方法があります。日本のトラクターは大変優秀ですし、トラクターはどのような農家も必要としている農機具の一つです。そのような農機具買取店においては、農機具を発展途上国を中心とする海外に売るなどしていますので、使わなくなったトラクターでも高価買取してもらえる可能性があります。当サイトではトラクター処分の方法などを解説しています。