トラクターの買取

トラクターの買取は、年式が新しいものや汎用的なもの、そしてメーカーが有名である者が重宝されます。日本の農機具メーカーは大小合わせて100くらいもあり、そのなかでもトラクターを取り扱っている農機具メーカーは少なくありません。

有名な農機具メーカーのトラクターであれば、評価も高いですので、たとえ20年前の年式のトラクターであっても需要があります。特に海外の発展途上国の人たちにとって日本の有名メーカー製のトラクターはそれだけで価値があるからです。年式が古いからと言って処分することが妥当とも限らないのです。また、エンジンが動くものであれば、軽微な故障なら直してまた市場に出すこともできます。ですので、トラクターを捨てるしかないと考えるのは早計です。最悪エンジンが動かないトラクターであっても、解体して部品を販売することもできますので、まずは買取できる専門店に問い合わせてみることが大切です。出張査定でしたら、出向くことなく査定してくれます。その際には、インターネットでの一括サイトなどを利用して、大体の中古トラクター取引額の相場を知っておくとなお売却の判断がしやすいでしょう。捨てなければならない古いトラクターが思わぬ財産になることはあります。

関連HP≪https://www.noukigu-takakuureru.com/
農機具買取専門サイトです。

買い取るトラクター

数ある農機具の中でもトラクターはメジャーなものです。田畑を耕すための大切な農機具ですので新規就農する人にとっては必ず必要だと言っても過言ではない農機具の一つです。

そのなかで、買い取ることができるトラクターはやはり年式の新しいものです。トラクターは農機具の中でも耐用性に優れていますので、もちろん年数がたったものでも買取してもらえますが、年式は新しいに越したことはありません。年式が新しいもののほうが、より車体はコンパクトでありながらも馬力は強いからです。そのため、使っていないトラクターがあれば、年式が古くなってしまわないうちに早めに処分するとよいでしょう。

次に、汎用的なものであるかどうかです。トラクターには馬力もさまざまですが、15馬力から20馬力が50アールほど、1ヘクタールが20から25馬力ほどですので、そのような汎用的に使われる機種が良く売れます。トラクターには2WDと4WDがありますが、4WDのほうが水田でも使えますので需要があります。しかしながらトラクターは使う人が多い分、汎用的でないものでもニーズがあることも十分考えられます。ですので、まずは買取査定を申し込んでみるとよいでしょう。

トラクター処分の方法

農業をやめたことでトラクターが不要になったり、トラクターを買い替えることになって不要になる、こういったことはよくあります。特にトラクターは、耕す面積によって必要な馬力も変わってきますので、耕地面積が大幅に減ったり増えたりした際に、依然として面積や圃場の状態に合わないトラクターを使っていると不便で仕方がありません。トラクターを使わなくなったり、買い替えるために古いトラクターがいらなくなったりした際に、そのトラクターの処分方法が問題になります。

トラクターにはいくつかの処分方法があります。まずは、販売店に持っていって引き取ってもらう方法です。とてもシンプルでわかりやすい方法ではあるのですが、トラクターは農機具の中でも耐用年数の長いものです。取扱店がどこかわからなかったりすでにその機種を取り扱ったりしていないことも十分に考えられます。

次に解体屋などで解体してもらい、処分してもらう方法もあります。もちろん部品やパーツを取り出して売ることもできますが、一般的に処分量がかかることも多いです。

もう一つ、あまり知られていませんが農機具買取専門業者に買い取ってもらうという方法があります。日本のトラクターは大変優秀ですし、トラクターはどのような農家も必要としている農機具の一つです。そのような農機具買取店においては、農機具を発展途上国を中心とする海外に売るなどしていますので、使わなくなったトラクターでも高価買取してもらえる可能性があります。当サイトではトラクター処分の方法などを解説しています。